毛穴とは

毛穴は顔だけで20万個!!

肌1cm×1cmの中に20個もの毛穴があるとされています。そして、顔には20万個もの毛穴があるとされています。
毛穴の目立つ人、目立たない人がいますが、それは毛穴の個数とは関係ありません。毛穴の個数は、人によってそれほど違いはないのです。

「皮脂が多いから毛穴の数が多いのではないか」「男性の方が毛穴の数が多いのではないか」と思っている人が多いようですが、性別・皮脂の分泌量は毛穴の個数とは関係がないのです。

人の毛穴の数は胎児のうちに決まっている!?

人の毛穴の数はお母さんのお腹の中にいる時に、もうすでに決まっています。大人になっても毛穴の数は変わらないのです。

「年をとるにつれて、毛穴の数が増えるのではないか」と思っている人が多いようですが、大人になるにつれて毛穴の数が増えるのではなく、大人になるにつれて毛穴が目立つようになるので、毛穴が増えたように感じるだけなのです。

実際は、小さな赤ちゃんにも大人と同じだけの毛穴があるのですから、面積に対する毛穴の数は赤ちゃんの方が多いはずです。
しかし、赤ちゃんは、ターンオーバーが早く、肌がきれいなので毛穴が目立たないのです。

キメ細かい肌 = 毛穴が小さい?

肌の美しさは肌のキメの美しさとも言えるでしょう。キメ細かい肌は、ハリがあり、みずみずしく、肌の色も明るく見えます。

毛穴の大きさで肌の美しさであるキメの状態を判断することも…。
肌の美しさを決める肌のキメは、毛穴の状態をも左右するのです。

肌のキメって何?

肌の状態言う時に、「キメの細かい肌」などと言ったりしますが、この肌のキメとは何なのでしょうか。

肌の表面は皮溝という細かい溝がたくさんあります。そして、皮溝(ひこう)に囲まれて盛り上がった部分を皮丘(ひきゅう)と言います。
肌表面の写真などで、三角形がたくさん並んでいるのを見たことはないでしょうか。
三角形を作っている溝が皮溝であり、溝に囲まれた三角形が皮丘です。

この皮溝と皮丘が肌の美しさを決めていると言っても良いほど、肌がどのように見えるのかを左右するのです。

キメ細かい肌とキメの粗い肌

キメの細かい肌は皮溝が浅く、皮丘は三角形になっていて、規則正しく並んだ状態となっています。

しかし、キメが粗い肌は皮溝が深く、皮丘が均等な形を形成していません。
ひどくなると、皮溝は一方向からしか走らなくなり、さらにひどくなるとキメがなくなってしまいます。

肌のキメによって、肌の水みずしさや肌の弾力が異なります。また、肌のキメによって毛穴の状態も異なり、キメの細かい肌ほど毛穴は小さく、キメが粗いほど毛穴は大きくなってしまいます。
キメが粗くなると、毛穴は開いてしまうのです。

毛穴のケアと合わせて肌のキメを整えることも大切!

毛穴ケアをしていても、肌のキメが整っていなければ、毛穴の開き・黒ずみなども良くなりません。
毛穴ケア一緒に、肌のキメを整える基本的なケアも必要なのです。

肌のキメを整えるために、普段のお手入れをしっかり行うことも大切ですが、紫外線や寝不足、ストレス、乾燥などの内的刺激・外的刺激を防ぐことも大切です。

  • 正しい洗顔で毛穴ケア - ゴシゴシ洗いは黒ずみ・つまりの原因に…
  • 毛穴を引き締める - 方法や化粧水の選び方

  • 【押さえておこう!毛穴の基本】毛穴ケアのために仕組みや働きを知ろう!
  • 【毛穴のトラブル】毛穴の開き・つまり・黒ずみ・たるみなどの悩みを解消!
  • 【毛穴のセルフケア】洗顔・パック・サプリメントで正常なターンオーバーを促す!
  • 【エステや皮膚科で毛穴対策】プロの洗浄・医師の治療でシッカリ毛穴ケア!
  • 【ニキビの原因も毛穴にあった!?】毛穴ケアがニキビ対策に!大人ニキビを防ぎましょう!
  • 【毛穴コラム】女性だけじゃなく男性も!顔以外の脇や足の毛穴のケアも大切です!